レゴは女の子も遊んだほうがいいぞ!おすすめのレゴは?

レゴ

こんにちは 主婦まるりんです。
あなたの可愛い娘ちゃんはレゴで遊びますか?


女の子ってお人形遊びやままごと遊びが好きですよね。
なので以外とレゴで遊ぶことって少ないのではないでしょうか。

うちの娘はレゴで遊んだことがないんですね。


しかし、

女の子もレゴ遊びをするほうが、
子供にとっていいことづくしなことがわかりました!


もっと早く与えておけばよかった~~とちょっと後悔です。

そんなレゴの可能性、どんなレゴがおすすめなのかを紹介しますね♪

スポンサーリンク

レゴで女の子も遊んだほうがいい理由


それは子供の能力の発達にすごくいいんですね。
レゴで遊ぶことによりどんな効果があるのでしょうか。

手指が発達する


手指が発達することによって、器用になります!
器用になると、これから生活していく過程でいいことがいっぱいですよね^^


たとえば、お箸が上手につかえたり

ボタンが上手にはめれたり、
手先で遊ぶ趣味が楽しめたり、縫い物が上手になったりしますかね~~♪


そして、手は第2の脳と呼ばれていて、
手先の器用さを開発することは頭の賢さと密接に関連しているんですって!

ちょっと、、
素晴らしい知育ではないですかっ!

空間認知力が発達する


空間認知力とは・・・目にするものを立体として捉える力


この能力は科学や数学のスキルとの関係性がとても高いことがわかっているらしい。

レゴでたくさん遊べば、
大きくなったときに科学や数学が得意になっちゃうかもしれませんよっ( ^)o(^ )


また、この力が高いと日常生活でも道に迷いにくくなるとか。
いいですよね~。



この素敵な能力はトレーニングで向上していくんです。

向上させるのに効果的な年齢は3歳から6歳の間!
今がチャンスっ

大人でもレゴで遊べば少しは鍛えられるのかしら^^



そして、この空間認知力が低いと、こんなことがあるみたいです。

  • 物をよく失くしてしまう
  • 物をこわしてしまう
  • 人や物などにぶつかることが多い


  • 物を失くすのはショックですっ。
    ぶつかるのも痛いですっ。


    子供の空間認知力を鍛えてあげたいですね!

    集中力がつく


    集中力は生まれ持った才能ではないのです。

    後から伸ばすことができるんです!


    集中力がないと、これからの人生、、、
    いろいろなことに苦労しそうな気がします。
    大げさかしらっ


    そんな集中力。
    これもまたやはり幼児期に養われるんですって。
    7歳くらいまでにその土台ができあがるのです。

    大事な能力ですよね。

    右脳を刺激し、創造力が育つ


    創造力とはなんなのでしょうか。

    ~ 創造(そうぞう)とは、新しいものを産み出すこと。創作や発明、あるいは新しい考え方など、オリジナリティの強いものに対し使うことが多い。 ~



    自分で考える力が育まれそうです^^


    片づけの練習になる


    おもちゃといってもいろいろなおもちゃがあります。
    レゴで遊ぶとパーツがいろんな所に転がって散らかりやすいですよね。

    同じパーツをひとつの所に集め、片づける。

    いろんなおもちゃを片づける練習の土台になりそうです。

    おすすめのレゴを紹介


    レゴから出来上がる形は無限なんですね。
    創造力が育まれそうで、女の子も好きそうなレゴを選んでみました。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    レゴ クラシック アイデアパーツ <スペシャルセット> 10695
    価格:2880円(税込、送料無料) (2016/11/29時点)


    楽天ショップに飛びます


    このレゴを選んだ理由

    • お値段が安い!3000円以下
    • ピースが多い、580ピース
    • 自由にいろんなものをつくれる
    • 色がカラフル
    • パステルカラーも含まれているので女の子によさそう

    ちなみにこちらもあるとさらに創造力が働くのではないでしょうか。



    まとめ


    レゴで遊ぶだけでこんなにも効果があるとはびっくりですね。

    上に紹介した2点をさっそく注文しちゃいました^m^

    レゴのおもちゃ
    娘が楽しく遊んでくれるかな。

    子供が遊ぶのに、
    難しそうであれば大人がお手本を見せてあげるのはいいらしいですよ。


    あなたさまのお子様にもぜひレゴ遊びを加えるのはいかがでしょうか。

    お読みいただきありがとうございました!

    コメント

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    タイトルとURLをコピーしました