幼稚園のお弁当は簡単でいい。ズボラ主婦におすすめの作り方

お弁当

こんにちは!主婦まるりんです。
わたし恥ずかしいのですが、めんどくさがりやなんです。

幼稚園に入る前は、毎日つくるお弁当のことが一番気がかりでした。

こんな私でも毎日お弁当がつくれるのだろうかっ。

入園前はお弁当の本を買い、
どんなお弁当をつくったらよいのかドキドキしていました。

そして、いざ入園してお弁当がはじまると
気合を入れなくてもこれでいいのだ!
という所まで落ち着きました(笑)

そんなわたし流のお弁当のつくりかたを紹介します!

スポンサーリンク

幼稚園のお弁当 簡単なつくりかた


簡単なお弁当といってもやはり色どりは気を付けたい所。
色どりがよければお弁当が華やかに美味しそうに見えますよね。

赤・黄色・緑が入るように意識はしていますが、お弁当はほぼ毎日ワンパターン。
それでいいんです!ひらきなおり、、。

いつも入れている食材たち

  • 赤・・・・ミニトマト、マヨネーズと塩で味付けしたにんじんソテー
  • 黄色・・・卵焼き(たまに、梅干し・ネギ・すりおろしたにんじんを入れたりします)
  • 緑・・・・カットしたキウイ、ちぎったレタス、ゆでたブロッコリー、ゆかりで味付けしたきゅうり、冷凍枝豆のピック挿し、焼肉のたれで炒めたピーマンなど
  • メイン・・晩の残りの肉料理、ミートボール、ウィンナー、冷凍惣菜
  • おにぎり・便利グッズでつくった小さいおにぎり6個(ふりかけ、混ぜご飯の素を使う)

これで毎日それぞれどれかの食材をいれてつくります。
なので、朝つくるのは簡単おにぎりと卵焼きくらいです^^

大体30分ほどで完成です。

お弁当
お弁当









お弁当の役立ちグッズ


お弁当をつくる際にわたしが使っている便利なグッズを紹介します。
  • ピック
  • おにぎりをつくるフリフリ(100均のセリアで購入)
  • シリコンのカップ
  • 紙のカップ
  • 卵焼き器(これは普通の卵焼き器です^^)

お弁当をつくるグッズ
ピックは、ミニトマトや枝豆を挿して使います。
緑がないときの枝豆はすごく便利です。
冷凍の枝豆を解凍し、ピックにさすだけです。

おにぎりのフリフリは毎日活躍しています。
このフリフリを購入する前は手でおにぎりをつくっていたんです。

お弁当を食べている所を見る参観日があったのですが、
娘はわたしのつくったちょっと大きいおにぎりをおはしで食べにくそうにしていました。

先生からももう少し小さいおにぎりにすると食べやすいですよ~と言われてしまいました。

それで100均でこのフリフリを見つけました!
おにぎりはミートボールくらいの均一のものができるし、
一気に3個できるので便利です。

使い方は入れ物の線までごはんを3か所につめて、蓋をしてふりふりするだけで可愛いおにぎりができちゃいます。

ちなみにお弁当のサイズは360mlです。

おにぎりの混ぜご飯は塩分の取りすぎかも

色どり的にもおにぎりには、混ぜご飯やふりかけをごはんに混ぜていました、、

だけど、
以前に園長先生がごはんにふりかけを混ぜるのは、
塩分のとりすぎになるのでオススメできませんと話されていました。

わたしはハッとしました!
そういえばそうだな~と、よく考えれば混ぜご飯の素って味が濃いですよね。
園長先生、ありがとう、、。

白いご飯のおにぎりに軽くふりかけをかけるだけで十分だと気づきました。

そこから、混ぜご飯はやめたのでした^^

まとめ

とても大変そうなイメージがあった弁当づくり。

いざその状態になってみると、
できるものですね。(笑)

ただ、入園前は冷凍食品は使いたくないと思っていたのですが、、
手軽さの誘惑にいつも負けております、、。

ちゃんとつくっているお母さんはすごいな~と尊敬。

いやいや、
わたしは頑張っている。うん。
と自分を慰めるのでした。

ここはこうしたほうがいいよ!
こんなやり方があるよというのがあれば教えていただけるとありがたいです!

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました