オリエント美術館(岡山)に割引はある?特徴やグッズが素敵!

エジプト 古代

こんにちは!主婦まるりんです。

小学1年生になる娘は路面電車が無料になるパスポートを学校からもらっていまして、、。

それを利用してなにかできないかな~と探していた所、
子供でも体験できそうなワークショップがあったので、

これはいい機会だ!

と思い路面電車でオリエント美術館に行ってきました♪

そこで今回は、気になる割引について、
美術館の特徴やグッズについて触れていきたいと思います。

また、オリエン太のアトリエでのワークショップでの体験もご紹介します!

スポンサーリンク

オリエント美術館(岡山)に割引はある?

 

はい、ありました!

割引について特に意識していなかったのですが
受付時に大人と小学生1名です~っと伝えると、、

 

どこの小学校ですか?と聞かれ答えると
それでしたら割引になりますので320円ですとのこと。

嬉しい誤算でした^^

 

この割引額は20名以上の団体割引と同じようです。

一般300円(240円)
高・大生200円(160円)
小・中学生100円(80円) 


カッコの中が割引後の価格です。

 

きっと、岡山の学生だと割引になるのかもしれませんね!

ただ、中学生や高校生の割引はどうなのかわからない所です><

ちなみに、65歳以上の方は無料です。
障がい者と付き添いの方も1名様無料。

 

他になにかないかな~と調べてみると、
共通券というものがありました。

岡山城にも訪れるかたは、こちらを購入した方がよさそうです。

岡山城・オリエント美術館共通券
大人480円、小人(小中学生)200円

 

オリエント美術館(岡山)の特徴はどんな感じ?


この美術館は日本でも有数で、オリエントをテーマにしています。

 

 

オリエントとは、日が昇るところを意味するらしいです。

 

古代のギリシャやローマの人々は、
東方の向きにある国の先進文明の地を心から敬い、オリエントと呼んだそうです。

そのオリエントと呼ばれた地がメソポタミア・エジプトとその周辺の地域
今でいうと中近東と呼ばれる西アジアと北アフリカの一部だそう。

 

オリエントの人たちの都市文明をわかりやすく展示してあるのが特徴なんです!

実際にオリエントの人たちが使用していた陶器や織物、アクセサリーなんかが展示してあります。
アクセサリーはとても素敵でしたよ!

今のおしゃれに通じているんでしょうね。

また、古代での文字や絵がとても印象的でした。

 

そうそう、
まるで風の谷のナウシカのオープニングで見るような雰囲気です。

古代に興味がある方には、たまらないと思います!

建物について

建物も素敵なんです。

2階にあがると、光庭があり天窓から光がぱぁ~~っとやさしい感じ。
ローマ時代の装飾品もあり、とっても素敵な雰囲気です。


 

 

 

 

 

階段をあがって右側には、
古代の雰囲気な衣装が並んでいます。

なんと、自由に着ていいよとのこと。

写真撮影は光庭のみ撮影OKでした。

さっそく、娘に衣装を着てもらい写真をパシャリと撮りました^^


オリエント美術館について詳しい動画はこちら



 

グッズが素敵でした・金額も少し紹介

 

ここで、グッズを紹介します。
グッズのショップ売り場は入館前受付の右側にありますよ。


 

 

 

 

 
  • 館蔵品絵ハガキセット 6枚組 200円
  • 持ち手付きポーチ(meginch×オリエント美術館コラボグッズ 限定)3000円

 

 

 
  • 付箋378円
  • マスキングテープ 432円

 

 

 

高そうな商品もありますね!
すみません、値段はわからないです。


 

 

 
  • ストラップ 700円
  • マグネット600円
  • キーホルダー 600円
  • ストラップB 500円
  • ミイラ人形羽根つき 350円
  • 干支ストラップ 350円

 

 

 
  • トルコくるみボタン 600円
  • ヨルダンキーホルダー 1200円
  • ヘアゴム 600円

 

 

 

 

 
  • マグカップ 1600円
  • アッシリアレリーフマグカップ 720円
  • オリエント美術館オリジナルテレホンカード50度 500円
グッズの一部をピックアップしてみました。

写真が見にくくてすみませんm(__)m

古代好きにはたまらない品々ですね!

 

そんなあなたにこんな本もありますよ☆
 

オリエン太のアトリエでのワークショップでの体験

このワークショップは入館料のみで体験できました。

体験したのは、円筒印章というものをつくりましたよ~。

円筒印章とは
古代メソポタミアで所有者などを示すために使用されたものなんですって

行ってみると、人数が少なかったので
じっくりと取り組める印象です。

 

案内してくださる方も感じの良い人で親切に教えてくれました!

小さい筒状のスポンジに気に入ったイラストを透明な紙で写します。
または、好きな絵をつまようじで書きます。

 

その上からつまようじでチョンチョンとなぞって型をつけていくんです。

完成すると粘土の上でコロコロと転がして型をつけていく仕組み。

自分が掘ったものが、
浮き上がってきたときはおっ~~~~と少し感動しました。

こんな感じに仕上がりました。


娘も面白かったと言っていたので、
良かったです~。

プチ情報

グッズ売り場の横に資料室があり、自由に入ることができますよ。
すんごくでっかい本など、たくさんの資料がおいてありました。

トイレの場所は、入口に入って右横のグッズ売り場の奥の階段下にあり。
館内では階段を登って右奥にあるようです。

あとがき

若い頃にはオリエント美術館に行ったことがあるのですが、
年をとってから久しぶりに行ってまいりました。

若い頃とでは、感じ方が違うでしょうね。きっと、、
ちょっとあまり覚えていないです。(;’∀’)

子供がきっかけでしたが、
たまには美術館もいいものです♪

お読みいただきありがとうございました。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました